渋谷区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(渋谷区)―

石橋 泰治 院長/石橋歯科おとな&こどもクリニック(渋谷駅・歯科)の院長紹介ページ

石橋 泰治 院長

YASUHARU ISHIBASHI

大人もこどもも安心して通えるよう
患者さんとのお話を大切に治療を進めるドクター

北海道医療大学歯学部卒業後、日本橋、人形町、乃木坂、新橋のデンタルクリニックに勤務。2004年、石橋歯科おとな&こどもクリニックをキャットストリートに開設(各線「渋谷駅」「原宿駅」徒歩9分、東京メトロ千代田線、副都心線「明治神宮前駅」より徒歩6分)。

石橋 泰治 院長

石橋 泰治 院長

石橋歯科おとな&こどもクリニック

渋谷区/神宮前/渋谷駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科

小学校の頃に感じた歯科医師への憧れがこの道をめざすきっかけに

石橋 泰治 院長

私は小学校の頃から歯医者に通っていたのですが、その先生がとてもカッコいい方でした。その先生への憧れが歯科医師を意識するきっかけになったといえますね。身近に医療関係者はいなかったのですが、親が飲食店をしていたためか私も人と話すのはとても好きです。それを自分の個性として、診療に生かしていければいいなと思っています。
学んだ大学は北海道医療大学です。それまでそんなに遠くで過ごしたことがなかったので、ご紹介いただいたときは二つ返事でOKしました。その後、乃木坂や日本橋などの都内や下町の高特区、千葉など首都圏各地の歯科クリニックで研鑽を積みました。いろいろな場所で経験を積もうと思ったのは技術を高めるためもありますが、歯科治療の地域性を見ておきたいと考えたからです。2004年に石橋歯科おとな&こどもクリニックを開院しましたが、多くの地域で経験を積んだことで、今の診療がとてもやりやすくなっていると感じますね(各線「渋谷駅」「原宿駅」徒歩9分、東京メトロ千代田線、副都心線「明治神宮前駅」より徒歩6分)。

大人から子どもまで平等に診療

石橋 泰治 院長

私は都内で生まれて、割と小さい頃に原宿に引っ越してきました。昔からなじみのある地域でもあるので、開院の際には迷うことなく今の場所を選びました。消毒液の臭いや真っ白い院内、青白い蛍光灯など、いかにも歯医者さんという内装は患者さんも緊張すると感じ、リラックスできる椅子やテーブルを用意。音楽はハワイアンなどを流しています。治療用ユニットはお子さん用と大人用をご用意。お子さんは大人のものとは椅子のメーカーも変えて優しいイメージを与えるようにしています。治療スペースのそばにはキッズスペースもつくり、患者さんがリラックスして治療を受けられる環境を整えています。できれば、治療器具もピンク色など楽しい見た目がいいのですが、さすがにそれは無理でしたね(笑)。
当院の診療科目は虫歯治療から義歯治療、予防治療まで幅広く対応しています。患者さんは生まれて数ヶ月のお子さんから働き盛りの男女、ご高齢の方までさまざまです。普段は比較的若い世代の大人の方が多いですが、夏休みなど学校がお休みの時期にはお子さんの患者さんが多くなります。近隣にお住まいの方がほとんどで、ご家族や知人にご紹介いただいて、という方が多いですね。原宿や渋谷が近いという場所柄、外国の方が治療に来られることもあります。開院当初と比べると入れ歯治療をするようなご高齢の方が少なくなったのは少しさみしいですね。
「石橋歯科おとな&こどもクリニック」という当院の名前には大人の方もお子さんも歯の病気で苦しむ方は平等に治療します、という思いが込められています。大人の方もお子さんも歯科治療は同じです。治療を受けに来られる方の中には、虫歯治療が怖いお子さんや昔の歯科治療がトラウマになり治療に抵抗がある方もいらっしゃいます。そうした方が気持ちよく治療を受けていただけるように十分にコミュニケーションをしながら治療をすすめていくのが当院の治療方針です。

患者さんとしっかりコミュニケーションをとることを大切に

石橋 泰治 院長

受診にみえる患者さんの中には治療を怖がる方が少なくありません。お子さんであれば入り口に来ただけでバイバイしてしまう子もいれば、治療できると言っていた子が、いざとなるとすくんでしまうこともあります。大人の方でも治療ユニットに寝るだけで汗びっしょりになってしまう方など、歯科治療に抵抗がある方もいらっしゃいます。経験上、そうした患者さんをたくさん見てきたので、いきなり治療に入ることはせずにお話をしながら治療をおこなっていきます。歯科治療はやることは決まっていますので、できるだけ楽しくリラックスできる治療時間にしたいですからね。治療10分に対して、お話が30分位にはなるでしょうか。一度お話すればその人のことが分かってきますし、話している間は治療ができませんが、話をすることでスムーズに治療が進むんです。
また、歯科治療には機器から出る音がつきものです。気にならないようにお子さんの場合にはお好きなDVDを持ちこんでいただいてもかまいません。慣れてくると手品を見せながら治療をすることもありますし、どうしても治療ユニットで座ってできないという子には器具をもって待合室の椅子の上で治療することもあります。また、お子さんが泣いてしまう場合には基本的に治療はしません。どうしても治療をできないお子さんには何度も来院していただいて院内の環境に慣れてもらうところから始めます。緊張を和らげるためにカラフルな診療衣に着替えたりもします。痛みがあって来院されるお子さんの場合、麻酔薬で痛みがなくなると治療を嫌がらないことが多いですね。当クリニックでは基本的に患者さんお一人の時間を長くとり、ゆったりと治療を受けていただくことにしています。あまり時間をかけ過ぎてスタッフから時間が長いと巻きが入ることもありますが(笑)。
こういう雰囲気ですから、うちのクリニックは家族の方やお知り合いの方が全員口コミで来るような場所になっています。ご家族で見える方も多いので、その場合にはご家族全員で1時間半といった時間をとり、まとめて治療をすることもありますね。
また、大きくなった子が自分で治療を受けに来ることもあり、昔治療に来ていた子が久しぶりに来て、先生の所がいいからというお話を聞くのはとても嬉しいですね。
当クリニックは、患者さんがまた来たいと思っていただける明るい病院でありたいなと思っています。患者さんには明るい気持ちで帰って欲しいですからね。当クリニックに来たお子さんは、「いい先生」や「優しい先生」ではなく、「面白い先生、さようなら」と言って帰っていきます。できれば、お子さんが次の診療を楽しみにしてくれることが理想です。これからも遊びにくるような感覚で来られる歯医者でありたいですね。…といっても治療中に「ねえ先生、かくれんぼをしようよ」と言われるのは勘弁して欲しいですけどね(笑)。

削らない、抜かない、楽しく治療できる工夫を重ねる

患者さんの多くは虫歯でいらっしゃることが多いですが、私は虫歯は無理に削らない方針です。まずは保険適用の治療で気軽に受けていただくことを大切にしています。保険治療で必要な歯科治療をしていただき、あとあと治療の必要がでた場合、自費治療も含めて一緒に考えます。
また、大人の方にはできるだけ抜かない治療をすることが多いですね。ぐらぐらな場合は別ですが、今のお口の状態をご説明した上で、頑張ってみましょうかと言うと、ほとんどの方が残すほうを選びますね。もちろん、しっかりとお話をして納得してもらい治療をすすめます。時々、他の歯科医院で抜くと言われた方がご相談にみえることもありますが、当クリニックはセカンドオピニオンもお受けしています。歯を抜きたくない、という希望がある方は可能な限り抜かない治療を心がけますので、ご相談いただければと思いますね。
そして、お子さんの場合はいかに楽しく治療をするかを大切にしています。ダイアグノデントという虫歯の深さを測る器械を使うなど遊び感覚も取り入れて、「一番痛くなさそうなものからやっていこうね」と治療をすすめます。どうしてもできない治療が多いときはシーラントという歯の表面の充填剤を使い、一旦虫歯が進まないようにしてあげて、大きくなってきたら、前にできなかったところをちゃんと治そうねと時間をかけて治療することもありますね。
小さいお子さんの場合には、将来きちんと歯医者に来られる子になってほしいと思っているので、お母さんと一緒に座ってもらって治療をします。治療の際には強く抑えることはしません。もちろん拘束する器具なども使いません。泣いたら治療をやめてしまいますし、他の小さいお子さんとはできるだけ診療がかぶらないようにしていただいています。一人泣くと他の子も泣いたりしますからね。ただ、大きい兄弟がいる場合は一緒に来ていただいてお兄ちゃん、お姉ちゃんを最初に治療をします。弟さん妹さんは、上のお子さんが治療する様子を見ることでやる気になるんです。お兄ちゃんお姉ちゃんよりもできるんだ、とやる気になる子は多いですね。どうしてもできないという時はお兄ちゃん・お姉ちゃんに「手伝って~」と助けを求めることもあります。ご兄弟がいない場合にはお父さん・お母さんにも隣で協力してもらったり…と、患者さんと接する際にはご家族の協力をいただくことも多いですね。治療をする中で、人は見て育つんだな…と感じることもしばしばです。
また、歯科治療では治療後のケアが再発を防ぐために重要になります。治療を続けて歯への意識が高くなってきたら、歯の磨けていない所に色をつけてその箇所へのブラッシング指導をします。ながら磨きでも構わないので、長く磨く習慣をつけてもらうのが私の方法です。今後は3mixという歯の中の病原菌を殺菌、無菌化する方法も取り入れ、より抜かない、削らない治療をすすめていきたいと考えています。

これから受診される患者さんへ

今は歯科医院も数多くありますので、患者さんも良い歯科医院を探すのが大変です。良い歯医者の選び方は、受付の方の電話対応がいいところ、できれば先生自身が出てくれるところがいいと思います。
当クリニックでは、昔は1日40人も50人も治療をしていたんですが、流れ作業のようで治療のしがいがありませんでした。今ではお一人お一人の患者さんに時間をかけて診療をすることで患者さんに向き合った治療をすることができています。患者さんとのコミュニケーションを大切に、大人の方からお子さんまで安心して通えるクリニックでありたいと思っていますので、歯科治療が怖い方はもちろん、時間をかけてゆっくりと治療を受けたい方、ご家族全員で時間をとって治療を受けたいといった方にも安心して来ていただければと思います。

※上記記事は2018年5月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

石橋 泰治 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:山歩き
  • 好きな本・作家:アガサクリスティ
  • 好きな映画:「オーシャンズ」シリーズ、「ハリー・ポッター」など

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート