渋谷区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(渋谷区)―

福田 竜弥 院長/ふくだ歯科・矯正歯科(幡ヶ谷駅・歯科)の院長紹介ページ

福田 竜弥 院長

TATSUYA FUKUDA

患者さんの将来を見据えて
本当にご満足いただける治療を提供する

国立新潟大学歯学部を卒業後、幅広い症例に携わって経験を重ね、「幡ヶ谷駅」そばに開業。

福田 竜弥 院長

福田 竜弥 院長

ふくだ歯科・矯正歯科

渋谷区/幡ヶ谷/幡ヶ谷駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

歯科の枠を超えて、患者さんの健康増進に貢献する

福田 竜弥 院長

高校生時代から、数学と物理が好きで理系に進もうと考えていましたが、父や兄と同じ工学部に進学するのは面白くないんじゃないかと思っていました。国立の大学で、親元から離れて自由を手に入れるには…、そんな風に考えていたとき、目にとまったのが新潟大学の歯学部だったんです(笑)。最初はそんな不純な動機で歯学部に入りましたけれど、学年が上がるにつれて面白さを感じるようになり、手先の器用さをいかせて、色々な機器や新しい材料を駆使し、歯科の仕事は「自分に向いている」と思うようになりました。
私はもちろん医学部にもに興味があったのですが、歯科医師でありながらも医学研究に携われることが分かって、これもやりがいの1つになっています。実は以前から、内科や耳鼻咽喉科、精神科のドクターと連携して、「睡眠時無呼吸症候群」について研究しているんです。睡眠時無呼吸症候群は、CPAPと呼ばれる装置を使って治療を続けるのが一般的ですが、症状が軽度な方については、マウスピースを装着して気道を確保する方法も有効です。私は歯科医師ではありますけれど、ただ歯の治療をするだけでなく、患者さんの健康をトータルにサポートできたらと考えています。

地域の「かかりつけ医」として、安心の歯科医療を

福田 竜弥 院長

幡ヶ谷の町に『ふくだ歯科・矯正歯科』を開設して、もう6年ほどになるでしょうか。当院には小さなお子さんからご高齢の方まで、幅広い年代の患者さんが足を運んでくださっています。また、開業以前から話をさせて頂いている患者様や遠方から来院されている沢山の患者様もいらっしゃいます。地域の「かかりつけ医」として診療を続けてきて、最近では予約が取りづらくて大変ご迷惑をおかけしていますけれど。当院に信頼を寄せてくださる患者さんのためにも、すべてにおいてレベルの高い治療をご提供したいと引き続き考えています。
さらに私が徹底してこだわっているのが、院内の衛生管理です。医療人として、質の高い治療をおこなうのは当たり前のことで、それ以前に標準予防策(Standard Precaution)を遵守することこそ大事だと考えます。治療に使用する器具類は、患者さんごとに滅菌処理をほどこし、滅菌できないものは、すべて使い捨てタイプを採用しています。そして、病院全体を一年に一度テルフィーノ加工して、院内をまるごと消毒除菌しています。安全・確実な治療をするというのはもちろん、患者さんが安心して治療を受けられる環境整備にも努めています。

10年後、20年後を見据えた治療で、患者さんの健康を守る

福田 竜弥 院長

当院では私のほかに、女性歯科医師、矯正専門医の体制で診療にあたっています。私の専門分野としては、インプラント、歯周外科、歯の根っこの部分を治療する「歯内療法」ということになるでしょうか。とくに、インプラント歯周病治療については再生医療を取り入れることで、これまでインプラント歯周病を諦めていらした方もぜひご相談いただきたいと思います。また、矯正治療については、見た目の美しさを叶えるだけでなく、健康面でもさまざまなメリットがあることをお伝えしたいと思います。
矯正治療の中でも小児の矯正については、アゴの発育にあわせて治療を進めていくことで、抜歯をせずに済んだり、抜歯の本数を減らせるというメリットがあります。また、アゴのバランスを整えるということは、成長して大人になったとき、睡眠時無呼吸症候群の発症リスク、ひいては心筋梗塞や脳梗塞といった命にかかわる病気の発症リスクを減らすことができるのです。とは言え、子供の矯正は「早ければいい」というものではありませんので、定期的に足を運んでいただき、お口の変化をみながら、治療開始のタイミングを決めるのが良いでしょう。当院の矯正専門医の對木先生はカナダのブリティッシュコロンビア大学の客員教授で東北大学院の客員教授でもあり、昔から歯科矯正と睡眠について研究しています。私たちも、患者さんの10年後、20年後を見据えたアドバイスをさし上げながら、お口の健康を守るお手伝いをさせていただきます。

患者さんのニーズをくみ取って、本当にご満足いただける治療をおこなう

治療を進める上で大切になるのが、患者さんとの間でおこなうコンサルテーション。初診の患者さんであれば、お話をするだけで1時間を費やすこともあります。もちろん、痛みを訴えていらしたり、緊急性がある場合は応急処置をいたしますけれど、基本的には治療計画について丁寧にご説明をして、患者さんに不安が残らないようにした上で、治療をスタートするようにしています。そのため、患者さんとお話をするときには、決して威圧感を与えることがないように、話しやすい雰囲気づくりということについては、とくに心を配っています。
ご存知のように、歯科治療には保険が適用されるもの、自費診療になるものがありますが、私の方で治療法を決めつけるようなことはありません。ただし、自費診療を選択することが患者さんの利益につながるのなら、そのメリットを十分にお話して、お勧めすることもあるでしょう。開業から6年、この間にも歯科医療は進化を続けていて、これまで残せなかった歯の神経を高い確率で残せる治療法が出てきました。こうした治療は自費診療になるのですが、患者さんが生涯ご自分の歯で食事をとることを考えたなら、歯の神経は残すに越したことはありません。私としては、患者さんの健康に寄与するものであれば、積極的に最新の材料、治療方法をおすすめしたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『ふくだ歯科・矯正歯科』は、「幡ヶ谷駅・笹塚駅」から歩いて10分ほどの場所にあります。歯科医療は日進月歩、日々進化を続けていますから、私としてもしっかりついて行くという気持ちで、自己研鑽に励んでいます。睡眠時無呼吸症候群等の研究はもちろん、新しい治療法、新しい歯科材料が出れば、自分の目で効果を見極め、本当に価値ある治療を患者さんにご提供したいと思います。こうして積極的に学ぶ意欲が失われたら、いよいよ引退かな、と思いますけれど(笑)。当院を頼りにしてくださる患者さんのために、精一杯力を尽くしていきたいと思います。

※上記記事は2018年5月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

福田 竜弥 院長 MEMO

  • 出身地:茨城県
  • 趣味:バンド(ギター)、筋トレ
  • 好きな作家:さだまさし
  • 好きな映画:キングスマン
  • 好きな音楽やアーティスト:シューベルト、Blink 182、マキシマム ザ ホルモン
  • 好きな場所:温泉(新潟 岩室など)
  • 好きな言葉・座右の銘:温故知新

グラフで見る『福田 竜弥 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート