渋谷区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(渋谷区)―

山下 徹 院長/山下歯科医院(恵比寿駅・歯科)の院長紹介ページ

山下 徹 院長

TORU YAMASHITA

お口の健康が維持されていくことを
第一に考えて治療をおこなっていきたい

大学を卒業後、大学病院の補綴科に籍を置きながら都内の歯科医院に勤務し、1996年に『山下歯科医院』を父から受け継ぎました

山下 徹 院長

山下 徹 院長

山下歯科医院

渋谷区/恵比寿/恵比寿駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●矯正歯科
  • ●歯科口腔外科

開業医だった父の影響が大きいと思います

山下 徹 院長

やはり、開業医だった父の影響が大きいと思いますね。私が子供の頃は、夏休みに石膏をねったりして、父の仕事を手伝ったりしていました。積極的だったとは言えませんが(笑)、いやいやというわけでもなかったのです。元来、細かい作業が好きなところがありましたから。その薫陶を受けたおかげでしょう、年頃になりますと、ごく自然にこの道を目指すようになっていました。
大学を卒業後、大学病院の補綴科に籍を置きながら都内の歯科医院に勤務し、1996年に『山下歯科医院』を父から受け継ぎました(JR山手線・恵比寿駅より徒歩10分、東京メトロ日比谷線・広尾駅より徒歩10分)。
晩年の父は、もっぱら往診を専門におこうなうようになっていました。その父の思いを私も引き継ぎ、従来の患者さんや高齢者福祉施設に出向き、訪問診療をおこなっています。訪問診療の需要は、今後、増えることはあっても減ることはないでしょう。お口周りに限られますが、歯科医師として私にできるサポートは続けていきたいと考えています。
当院は、「歯の生涯医療」をモットーとしています。働き盛り世代の方から、お子さん、そして通院の難しいご高齢の方まで、あらゆる方のお口の健康に少しでも寄与していきたいですね。

できるだけ介入を避け、なおかつやり過ぎない

山下 徹 院長

オーバートリートメントをしない、ということです。できるだけ介入を避け、なおかつやり過ぎないということ。私はその“やり過ぎない治療”が、お口の機能を長く維持することにつながっていくと考えています。
たとえば歯石を取るにしても、器具を使って根こそぎとっていくということをしますと、歯にもダメージが残り、それが歯の根や歯周組織にも悪影響をもたらします。極力、処置の範囲を広げず、必要最小限の治療にとどめること。私はそれをまず最初に考えています。
「ここに来てから、歯が悪くならないようになった」と言ってくださった方がいらっしゃいました。この言葉は本当にうれしかったですし、それこそ私が目指していることなのです。

3つのコントロール

山下 徹 院長

3つのコントロールとは、「歯に掛かる力のコントロール」「細菌のコントロール」「免疫のコントロール」を指します。歯に掛かる力は、前後左右、分散して均一に掛かったほうが良いわけで、咬み合わせも含めて考えていきます。ただ、その咬み合わせにしてもフルマウスで手を加えるのではなく、今ある咬み合わせを維持していくということに注意します。細菌のコントロールは、日々の歯みがきがそうですし、状況によって抗生剤を用いるなどし、お口の中の細菌の均衡を保つように持っていきます。そして最後に、免疫のコントロール。虫歯も歯周病も、医院の中でできることには限りがあります。睡眠と食事と適度な休息。その方の生活習慣をうかがい、生活のリズムを保つことが大切というお話をさせていただいています。

必ず4つの選択肢を患者さんに説明

たとえばブリッジのように、抜けた歯の両側の歯を削るのではなく、その歯のみで処置が完了するという点では、インプラントは非常に有効な方法だと言えます。今や人生は80年という時代です。30代で健康な歯を削ってしまえば、そのリスクはのちのち非常に大きなものになっていきます。
とはいえ、こちらでは歯を失った場合、必ず4つの選択肢を患者さんに説明しています。ブリッジなのか、入れ歯にするのか、それともインプラントなのか、あるいは何もしないかです。歯を失っても、歯周組織の健全度や咬み合わせによりますが、半年や1年が経過しても何も異変が起こらないケースがあります。それを考えれば、何も焦って決める必要はないと思うのです。
インプラントは確かに有効な選択肢ですが、それありきではなく、その方のお口の健康が維持されていくことを第一に考えて治療をおこなっていきたいと考えています。

一緒にお口の健康を守っていきましょう

歯医者さんに任せる、という姿勢では、お口の健康を守ることは難しいということを知っていただきたいですね。こちらでお子さんを拝見していても、歯ブラシはできているのに、虫歯があるという方をたくさんお見受けします。そのケースでは、必ずと言っていいほど甘いものを過度に摂っていることが多いのです。
どうか一緒にお口の健康を守っていきましょう。私自身、歯の治療は苦手でしたから、患者さんのお気持ちは本当によくわかります(笑)。あせることなく、一緒に手を携えて取り組んでいきましょう。

※上記記事は2016.1に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

山下 徹 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:映画鑑賞、ゴルフ、スキー、音楽鑑賞
  • 好きな本:池上彰さん著書
  • 好きな映画:アクション、サスペンス
  • 好きな言葉:ネバー・ギブアップ
  • 好きな音楽:オールジャンル
  • 好きな場所:山

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート