渋谷区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(渋谷区)―

朝田 一生 院長/渋谷笹塚循環器HDクリニック(笹塚駅・内科)の院長紹介ページ

朝田 一生 院長

KAZUO ASADA

病気を治すだけではない、人を治す医者に
最新の透析治療でお悩みに応える

大学卒業後、心臓血管研究所附属病院での後期研修を経て東京大学医学部附属病院での循環器診療を主に都内での各種内科勤務・救急救命室勤務。会員制検診勤務・企業診療所等に勤務。2014年、笹塚駅より徒歩1分のこの地に開業。

朝田 一生 院長

朝田 一生 院長

渋谷笹塚循環器HDクリニック

渋谷区/笹塚/笹塚駅

  • ●内科
  • ●循環器内科
  • ●人工透析内科

何も失うことなく、命を救える。透析治療の可能性に惹かれて

朝田 一生 院長

医師を目指したきっかけは、母を早くに亡くしてしまったことにありました。私が10歳の時のことでしたが、子どもながらに、母と同じように亡くなる方がいなくなるよう、何か出来るようになれればと考えたのです。もちろん10歳の子どもが考えることですから、漠然とした思いだったことは間違いないでしょう。ただ、その思いが徐々に形を結んでいき、今に至っているのです。
大学卒業後は、循環器診療、特にペースメーカーの埋入やカテーテルアブレーションの手技を中心とした不整脈の治療に携わってきました。循環器診療は、“何かを失う”治療ではないのです。これがたとえばがんの治療であれば、その多くは機能を犠牲にし、命を得ることになります。何も失うことなく、命を救えることにやりがいを見出し、この分野に長く携わってきました。
透析治療に関わり始めたことが、内科 ・循環器内科 ・人工透析内科を標榜する『渋谷笹塚循環器HDクリニック』をこの地で開業することの端緒となりました(京王線・笹塚駅より徒歩1分)。大学病院では、当然のことながら自分のやりたいことがすべて出来るわけではありません。私はその中でも比較的自由にさせていただいたほうかと思いますが、それでも自由が利かないところは確かにある。治療に接し、感じることのできた透析治療が秘める大きな可能性を、この場所で花開かせていければと考えています。

異常がない人でも、お悩みを解消するまであらゆる方法を尽くす

朝田 一生 院長

動悸を訴えて来られた方で、不整脈の治療をして治さなければいけないケースは、全体の1%か2%に過ぎません。そして、その不整脈の治療をおこなった方であっても、お悩みはそれだけとは限らないのです。目の前に、何とかして欲しいと思い詰め、いらしている方がいる。「専門ではないので…」とお断りするのは簡単ですが、それで患者さんが納得されるはずもありません。
検査によって病気が見つかれば、対応は容易です。異常があれば、そのガイドラインに従い治療を進めていけば何も問題はありません。しかし実際は、そこに収まらない悩みであることが多いのです。「異常ありませんから心配ないですよ」と言われしまった方の中に、どれだけ希望を失ってしまっている方が多いのか。私は目の前にいる困った人に対して、あらゆる方法を尽くし、お悩みを解消すべく努めていきたいと思っています。

多くの可能性を秘めた透析治療「オンラインHDF」と「在宅血液透析」

朝田 一生 院長

その1つに、オンラインHDFがあります。その前に、血液透析とは、腎臓機能不全によって血液に含まれる不純物を透析装置によって除去していく治療法になります。ところが、透析治療によって血液が完全に浄化されるかと言いますと、決してそうとは言い切れず、少しずつ澱のように様々な物質が血液中にとどまることになります。
オンラインHDFの優れた点は、従来の透析治療ではとりきれなかった物質を“少し”であっても除くことが出来ることにあります。1回1回で除去できる量は微々たるものであっても、それが1年間ということになると、その“少し”が非常に重要になるのです。
可能性ということでは、在宅血液透析も同様です。腎臓は、当然のことながら24時間働いています。とすると、本来であれば透析も24時間おこなうことがベターなわけです。在宅で時間にしばられず透析をおこなえることで、除かれる不純物の量が違ってきます。そもそも、身体に有害な物質は一刻たりとも溜めるべきではないわけですから、在宅血液透析が持つ意味は非常に大きいのです。
施設にいらして、私たちとのコミュニケーションを楽しんでいただくのも、それはそれで良いのかもしれませんが、出来れば、その先を見ていただきたいのです。毎日透析がおこなえれば、それだけ確実に体調が良くなっていきます。在宅血液透析はご自分で管理していただくことになりますから、ハードルは高いものになりますが、それに見合う価値があることを知っていただければと思います。
無論、最も良いことは、ご自分の腎臓が返ってくることですが、私たちはその状況に出来るだけ近づけるよう、少しでも良い透析を提供していきたいと考えています。

病気を治すだけではない、人を治す医者に

3歳のお子さんから、90歳の方まで、お腹が痛いのから、骨折まで診ています。骨折はこちらもびっくりはしましたが(苦笑)、基本的な姿勢として、「なんでも診ていく」のが私のポリシーであり、それを可能にするため、現在も三次救急、二次救急の現場に赴き、感覚を研ぎすます努力を続けています。私とて、自分に診れない病気があることは重々承知しています。しかし、診る前から、無理だとは言いたくないのです。お医者さんは、専門性に特化したものと、今の私のように、なんでも診ていくものと、大きく2つに分けることができます。専門性に富んだお医者さんの存在なくして病気を治すことは出来ないわけで、それは非常に重要な仕事です。ただ、私が思い描く医者は、こちらだったのです。格好良い言い方をすれば、病気を治すだけに終わらず、人を治したかったということですね。

これから受診される患者さんへ

お困りのことがあれば、迷わずいらしてみてください。すべてに対応できるとは申しませんが、仮にその場で治せずとも、道筋をつけて差し上げることは可能です。皆さんが抱える悩みをすべて解消できるよう、精一杯の努力を続けていきたいと思っています。

※上記記事は2015年8月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

朝田 一生 院長 MEMO

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味・特技:登山、ダイビング
  • 好きな本:活字ならなんでも。
  • 好きな映画:The Game
  • 座右の銘:為せば成る
  • 好きなアーティスト:Cocco
  • 好きな場所もしくは好きな観光地:沖縄

グラフで見る『朝田 一生 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート