渋谷区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 医師(渋谷区)―

伊藤 史子 院長/あやこいとう クリニック(代官山駅・皮膚科)の院長紹介ページ

伊藤 史子 院長

AYAKO ITO

クラフトマンシップにあふれたクリニックで
総合的な予防医療を提供

昭和大学医学部卒業後、同大学院にて研究、臨床の現場にて貴重な経験を積んだ後、クリニックに勤務、自信の体調不良も経験し、それらの経験から九品仏の住宅街に『あやこいとうクリニック』を開院し2017年、代官山に移転。

伊藤 史子 院長

伊藤 史子 院長

あやこいとう クリニック

渋谷区/猿楽町/代官山駅

  • ●皮膚科
  • ●形成外科
  • ●美容外科
  • ●整形外科
  • ●美容皮膚科

貴重な経験を積ませて頂いた臨床の現場

伊藤 史子 院長

我が家は代々医者の家系で、祖父も父も医者でした。そんななか、私は幼いころは漠然と芸術関係の仕事をしたいと思っていました。ところが、後継ぎを期待されていた弟が、早々に医者以外の道を希望したため、家族の期待は私に向くこととなり、「じゃあ、私がお医者さんになろうかな」と考えるようになりました。今でも印象的なのは、祖母の「絵描きになってから医者になることはできないけれど、医者になっても絵を描くことはできる」という言葉で、確かにそうだなと納得して、医者の道に進むことを決めた気がします。
形成外科の分野に進んだのは、もともと外科的な分野に興味があったことと、当時は小児外科や形成外科という分野に女性の医師がとても少なかったため、必要なのではないかと思ったことなどがあります。形成外科は、メインの科ではありませんが、耳鼻科や小児科、脳外科など、いろいろな科と関わっており、仕事の枠が幅広く、選択肢が広いことが研究対象として魅力的でした。
昭和大学医学部を出た後、昭和大学の大学院に進み、ビタミンを使った病気の予防の研究などをしました。当時の昭和大学の大学院は、臨床の現場との関わりが深く、自分の研究が臨床の場でどう活かせるか考えながら取り組め、とても興味深かったです。ほかにも臨床の現場では、とても多くの貴重な経験を積ませていただきました。日本医科大学の救命センターで働いていた時は、地下鉄サリン事件の現場に入るなど特殊な状況での救命活動にあたることもありましたし、全国各地の病院で仕事をしていた時は、気候風土による症例のちがいなども非常に勉強になりました。

新天地・代官山で『森のなかの研究所』をテーマに

伊藤 史子 院長

2017年3月に九品仏駅から代官山駅、徒歩1分のここへ移転をしました。内装面のコンセプトは『森のなかの研究室』で、天然と人工を融合させたクラフトマンシップ溢れるクリニックにしたいと思っていたころに、たまたま、星のやさんやアマン東京さんを手掛けたチームの方とご縁があり、イメージ通りの上質な空間に仕上がりました。壁にはベンゼン環を模した六角形のタイルをしつらえています。タイルはヨーロッパの手焼きのものを自身で選んだのですよ。また、実験室のイメージもありましたのでパラメディカルの制服は、スチールをイメージしたグレーをベースに、さし色として当クリニックのテーマカラーのマゼンダをあしらっているウェアを選びました。
設備面では、開発に関わったウルトラセルをはじめとした、タイトニング機や、脇やVゾーンから繊細な産毛までも脱毛可能な機器を取り揃えています。さらには、フラクショナルレーザー機能を備えているピコレーザーを導入することにより、刺青の除去やだけでなく、諦めていた色素沈着、肝斑、皮膚腫瘍にも安全で効果的な治療が可能となりました。代官山駅を選んだのは遠方からの患者さまや、お年を召した患者さまが少しでも負担無くお越しいただけるよう、ゆったりした街並でアクセスのよい土地を探していたときにタイミング良く物件と巡り会って。

究極の予防医療へ多角的な視点からアプローチする

伊藤 史子 院長

ホルモン補充療法・分子栄養療法などはもとより、予防医療を突き詰めていくうちに診療項目が増え、移転後のクリニックにはフロアバレエやスポーツトレーニングを気持ちのよい空間で楽しみながらできるように、クリニック内に日当たりの良いガラス張りのスタジオも併設しています。
フロアバレエは立位で行うバレエではなく、重力を解除させ、自分が普段使えていない筋肉を使うためのトレーニングになります。人間の体は本来もっている数の筋肉を全て使うことが出来ているかというと、そうではないのですね。日常生活で、例えば恥骨周辺の前方の筋肉だけを収縮させるのはイメージもつきませんよね。しかし、それが出来るようになると、例えば、尿漏れが軽減されたりするのです。使い方を忘れている筋肉の使い方を思い出させ、強化させるためのトレーニングになりますので、男性や、お年を召してもフラダンスを続けていきたい、ゴルフの飛距離を伸ばしたいという目的の方々などにも受けていただいています。それ以外でも、アスリートからご高齢の方まで大変有効なトレーニングです。身体機能へアプローチする予防医療を導入することで、何歳になってもご自分の足で歩くことができるようになり、人生の質をさらに向上させることも可能だと考えています。緻密な解析のもと行うトレーニングと医学の融合、そして一流の専門の講師達のもとで、効果的に楽しみながら運動が出来るのは当クリニックの強みです。
また、2020年には東京オリンピックもありますよね。そこで活躍する予定のジュニアの選手が予期せぬアクシデントにより怪我をされ、表舞台で活躍できなくなることはとても残念で悲しいことなので、華々しい活躍のバックアップもしたいですね。当クリニックは東洋大学の准教授で、スポーツ傷害予防のためのトレーニング指導を主にしている熟練のトレーナーにも参加して頂いておりますので、アスリートの方のお力にも充分なれると思っています。クリニック内に優雅なバレエ音楽が響きわたり、患者さまも私もとてもポジティブな気持ちで日々の診療にあたることも出来ています。

総合的な予防医療施設として進化しつづける

美容クリニックですか?と尋ねられることもあるのですが、私やスタッフはその認識はなく、総合的な予防医療施設だと考えています。私自身、美白などに興味がなく夏でも冬でもアウトドアを楽しみます。究極の予防医療は内側から健康になった結果、外側も健康で綺麗になるということなのですね。平均寿命が長くなったぶん、持って生まれたものをいかに長く使えるように、そして故障させないようにしていく必要があると思っています。
健康に気づかっていたら健康になったぶん肌も綺麗になり、そこから気持ちも前向きになり、外見へのアプローチに興味がわくようになられて「シミを取ろうかな」「耳の毛の脱毛をしようかな」と思われる男性もいらっしゃるくらいです。体の内側が若返ることで、今まで考えもしなかったことに目を向けられ、フロアバレエに興味をお持ちになられるなど、アクティブにもなるのですよ。お体の不調で通院して健康になられたら、思いもよらない嬉しいオマケ、つまり“外側の綺麗さ”がついてくるのですね。
また、早期閉経の女の子の場合、治療がうまくいくと学校生活に戻られて恋をして、就職もできて正常に生理がくる、というとても良い結果から、今度はオシャレや美容に興味が向いて、今までホルモン補充治療に使っていた予算を美容へ・・・と考えられる方もおいでです。そのあとも、ご本人はお体のことで大変な体験をしたぶん、自分の体に対してとても真剣で客観視も出来るようになっているので、少し体調が悪い、ストレスがかかっている、など自分が置かれている状況やその対処法もわかるようになり、未然に病気を防ぐことも出来るのですよ。つまり医療を通しての予防医療の教育でもあるのです。

これから受診される患者さんへ

フロアバレエと聞かれると「バレエは難しそうだし・・」「私が受けてもいいの?」と敷居が高いと感じられる方もいらっしゃると思いますが、そのようなご心配をせずに老若男女問わず、まずはお気軽に受けいただきたいです。
そして、治療器もウルトラセルやイントラルセルは、開発段階から携わっていたので、その機器の特性も理解しています。それにより、今までも研磨した腕はもとより、高水準な結果を提供できると考えています。常に似て非なるもので居続けたいですね。そして、何事にもあきらめない心で日々診療にあたっています。当クリニックは東急東横線より徒歩1分の場所にあります。都会にありますが、一歩足を踏み入れるとリラックスできる院内となっていますので、是非お越しください。

※上記記事は2017年6月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

伊藤 史子 院長 MEMO

形成外科専門医 /レーザー専門医

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味・特技:サバイバルゲーム!、スキー
  • 愛読書:Top point
  • 好きな映画:ニュー・シネマ・パラダイス、マンマ・ミーア!
  • 好きな言葉:働かざる者、食うべからず
  • 好きなアーティスト:Daft Punk
  • 好きな場所:スキー場(ホームゲレンデは志賀高原です)

グラフで見る『伊藤 史子 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート